古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ 身体のこと

 

今回は

大阪淀川区古東整形外科さんで

ばね指の手術をして頂いたことについて

書きたいと思います。

 

 

 

 

患者さんで溢れかえっている人気医院

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

2019年2月21日 木曜日、

事前に予約した11時30分より20分前に

古東整形外科に到着したのですが…

 

待合室は超満員

入口の自動ドア前にも人が溢れていました。

 

 

で、立って待つこと約1時間30分。

 

名前を呼ばれたと思ったら

診察室前の中待合で

また待たなくちゃいけませんでした。

 

予約の意味ないやん…とも思いましたが

みんな待っているんだから仕方ないです。

 

 

中待合は処置室の一部にあって、

診察室はカーテン一枚で仕切られているだけ。

 

 診てもらっている患者さんと先生のお話が

まるっと聞こえてきちゃいます。

 

とても気さくで話しやすそうな感じの先生です。

 

 

先生は診察室と処置室をバタバタと忙しそうに

動き回っているのですが

患者さん一人ひとり丁寧に対応されています。

 

 

 

ようやく診察

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

名前を再度呼ばれてようやく診察。

 

まず先生の問診と触診、

手のレントゲンを撮ってもらいました。

 

症状がひどい人差し指と

これから悪化しそうな薬指

まとめて手術してもらうことになり再び中待合へ。

 

 

この時点で午後2時になっていたのですが、

待合室には午前の患者さんが少し残っている状態で

更に午後3時からの患者さんも増え始めています。

 

 

看護婦さんいわく

この日は全体的に患者さんが多かったらしく

ばね指の手術もワタシを合わせて5人もいました。

 

70代ぐらいの男性が1人と

あとは40〜50代の女性が4人。

 

電話予約の時点で

手術をする人数の調整をしているようで

この日は定員いっぱいだったのかもしれません。

 

 

 

まず手術の準備

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

まず、トイレを済ませてから

爪ブラシと消毒液で肘から指先をキレイにします。

 

座って待っていると先生が

先生
指を間違ったらえらいこっちゃ!!

 

と言いながら手術する指の先に

油性ペンでチョンチョンと印をつけました。

 

 

その後、手首に麻酔注射を2本打ち、

しばらく待っていると右手がズーンと

重くなってきました。

 

麻酔が効いたのを確認してから

手術をする指の付け根に麻酔を更に2本

 

 

先生
痛みましたか?
ワタシ
薬指側は少し痛かったですけど許容範囲です。
先生
痛いのはかなん(かなわん)からもう少し足しましょね。

 

 

いきなり手のひらに注射を打つと

かなり痛いらしく

古東先生は先に手首に麻酔を打つそうです。

 

先に手首に打っていた麻酔が効いていなくて

手のひら注射の痛みを感じているのなら

切開の痛みには耐えられないということですね。

 

 

で、手のひらに麻酔を一本追加してもらった後

別の2人の方の名前が呼ばれました。

 

 

 

順番に手術開始

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

ひとりは診察室のベッド

もうひとりは処置室のベッドに横になり、

手術をする側の腕を出して

順番に腱鞘切開術をしていきます。

 

 

待っているほかの患者の前で普通に執刀するので

先生が手術している手元がモロに見えるんです。

 

小さなカッターの刃のようなもので皮膚を切開し、

そこから細いメスを通して腱鞘を切ります

 

キズ口が数ミリと小さく

縫う必要がないので痛みが最小限

回復も早いそうです。

 

先生
切っているところを写真に撮る方もいるんですよ。

 

なんておっしゃっていましたが

撮っている人はいなかったです。

 

みなさん自分が切られている時は

怖くて目をそむけていました。

 

 

 

いよいよワタシの番

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

ワタシは4番目でした。

 

追加の麻酔が効いているのを確認して

腕の下に防水シートを敷き、

ヨードチンキのような茶色い液体を

肘から指先までかけて消毒します。

 

先生
指を曲げて〜伸ばして〜

 

カクカクする位置を確認して

 

先生
うん、ここやな。じゃあ切りますよ〜。

 

人がしてもらっているのはチラチラ見ていましたが

自分のは直視できないチキンなワタシ。

 

 

麻酔のおかげで痛みは全くありませんが

ググッと力を入れて押し込んでいる感触は分かります。

 

これ5人やるのって相当体力を消耗するでしょうね。

 

先生
いま切っていますよ。分かりますか?
ワタシ
ん…わからんです。(心の声)

 

先生
はい、終わった!! 曲げて〜伸ばして〜。

 

お、カックンが無くなった!!

 

先生
はい、OK!! 次、薬指しますね。

 

またググッとメスを押し込んでいます。

 

先生
曲げて。伸ばして。……..あれ?

 

まだカックンしているので

メスを入れ直して数回クックッと前後します。

 

先生
曲げて〜伸ばして〜。はい、終わりましたよ!!

 

先生がメスを握ってから

2本の指の手術が終わるまで

5分掛かりませんでした。

 

本当にお見事でした。

 

 

看護師さんに包帯を巻いてもらって

ボクサーのような右手が完成。

 

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

 

手術後4日間

傷口を絶対に濡らしちゃダメなんですって。

 

 

 

病院を出て薬局へ

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

慣れない左手でお会計を済ませ、

処方箋を持って古東さんの前にある薬局へ。

 

昼食後に飲む化膿止め「クラビット錠」、

痛んだ時だけ飲む鎮痛剤「ロキソニン」、

鎮痛剤と一緒に飲む胃薬「ガスロン」

の3種を購入。

 

あぁ、お薬手帳忘れた…。

 

 

  • 手術2ヶ所+初診料など 14,750円
  • お薬(先発薬)1,050円

 

生命保険は特約をつけていなかったので

日帰り手術は保険金がおりないと

言われてしまいましたが、

そんなに高額ではなくて良かったです。

 

お薬代はジェネリックを選んだ場合や

お薬手帳を持って行けばもう少し安くなります。

 

 

 

帰り道

古東整形外科でばね指手術をしてもらった話。イメージ

 

三国駅前で遅い昼食をとろうと

時計を見ると午後3時を過ぎていたので

軽く済ませるために

コンビニでパンと飲み物を買いました。

 

ところが…

 

パンの袋が開けられない!! ∑(゚Д゚)

 

 

2分格闘の末、

お店に戻ってお兄さんに

ハサミでチョキチョキしてもらいました。

 

情けない。

 

 

利き手が使えないのって本当に不便。

 

 

事前にICカードにチャージをしていたので

切符を買う必要はなかったけれど、

自宅前のスーパーのレジで小銭を出せず。

 

病院、薬局、コンビニ、スーパーと

すべてお札で会計を済ませたため

お財布が小銭でパンパンになって

かつてない重量感でした。

 

 

 

ばね指手術後の経過については

こちらにまとめました▼

ばね指手術後の経過の話。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました